必要とする期間

会社設立登記に必要とする期間

会社設立というのは会社の所在地を管轄する法務局に必要書類の届出を行うことで成立する仕組みを持っています。この様な行為のことを法人登記と呼びます。これは登記簿と呼ばれる台帳に登録することを指し示す言葉であり、この様な仕組みを以って会社説質を行ったということが出来ます。

法務局に書類を提出すると聞いて多くの人は面倒な法律上の書類であるということをイメージするものと思いますが、それは半分正解で半分誤りです。法的な書類ですので確かに面倒な内容を求められることはあります。しかし作成する難易度というのは素人がどうしようもないレベルではりません。インターネット等で調べながら書類作成したとしても何とか自力で最後まで行うことが可能なレベルです。

この会社設立の作業を専門の業者に頼んだ場合、必要書類の作成だけであれば1日で完成させることが可能な代行期間は珍しくありません。実際の会社設立には印鑑の作成や資本金の払い込みなど任せることができない部分がありますので現実的な問題としては異なりますが、専門家であれば一日程度で済ませることが出来る手続きであると言えます。

そのため会社設立の際にの手続きについては思い切って代行してしまうと言う経営者も少なくありません。実はこの様な手続きを自分で行うのと、専門業者に委託するのでは実際のところそれほど大きく値段が変わらないという事情もあるのです。

法務局への提出書類には様々な種類がありますが、会社にとって最も重要な書類として定款の存在があります。この定款は他の書類とは重みが異なり、株式会社の設立の場合には同じものを3部作成する必要があります。一部は公証役場に納めて認証を受け、残りの二冊のうち一冊を法務局に収め、最後の一冊を自社で保存するという流れになります。この定款には会社を構成する全ての物が書かれているのが特徴であり、様々な決めごとが明記されているのです。
この定款を自分で作ることは可能です。しかし自力で付く売るとすれば紙媒体での作成となるでしょう。しかし専門業者に委託をすると電子データでの定款の作成が可能です。もしも定款を電子データで提出する場合には数万円の印紙税が不要になるというメリットがあります。定款には役員の実印が必要となりますので電子印の作成が必要になりますが、この様な仕組みは個人で利用するのは中々困難です。そのため専門業に会社設立を委託するという方法をとって会社設立を行うという手続きも増えてきました。専門家を頼んでも自力で解決しても料金的にはほとんど差が無くなったのです。